自動車の車検の更新の手順の解説

初めて、車検の手続きを行う際には、どのような流れで点検がなされていくのかがよく分からないものです。特に、最初に車を買ってもらった時期が大学生の時などには、社会人になってから、新車が数年経過し、そこから点検の義務が出てくることがありますので、よく分からないまま、日々を過ごしてしまいます。また、意外にも料金は高くつくことがあるため、その点にも注意が必要なのですが、その見積もりなどについてはどのようにすれば、知る事が出来るものかも謎なものです。同時にこのような点検を行ってもらう際に重要なことですが、車の税金をしっかりと支払い終えていないと、受付が出来ないということもあります。そのため、車の税金の案内がきた場合には、必ず支払いを済ましておきましょう。コンビニや郵便局などで手続きが出来ます。それでは、こうした手続きの際には、どのような流れになっており、また日数的にはどのくらいかかるのでしょうか。

まずはいつが車検の更新日かを確認する

車には日常的に乗るものの、いつが更新日時であるのかを分かっていないケースがあります。これを調べる方法としては、ご自身の車に貼られている前回の点検時のシールです。これを見れば、いつが次の更新日であるのかが一目瞭然となっています。そこでまず、いつが更新日であるのかを確認し、そこから点検依頼を行ってもらう業者さんなどを探すことになります。もし、以前に点検を行ってもらった際に、不親切だったという印象があった場合には、他の会社さんに依頼をすることも、もちろん可能です。車検の点検を行ってくれる場所は多く、色々な場所でこうした点検を実施してくれています。まずは日付を確認し、その後に、見積もり書などをいただいてから、どこで実施してもらうのか、の流れとなってきます。

おおよその見積もりを見てから依頼をする

見積もりに関しては、よく街中で見かけるように、ガソリンスタンドなどでも行っており、この他にも自動車会社などで実施をされています。ただし、おおよその見積もりとなるため、長年、車を使用していた場合には、予想以上にかなりの高額がかかることがあります。そして、信頼できる依頼先が見つかった後には、代車を出してもらうのかどうかということも確認し、あとは車を引き取りに来てもらい代車を貸してもらう、おおよそこの形の流れとなっています。日数としては、おおよそ早ければ1日で終わることもあり、または時期によっては3日など必要とすることもありますが、予想以上にあっという間に終わることもあります。最後に、最終的にかかった明細書などが出ますので、そちらをお支払いすることにより、終了となります。