車検の更新の手続きにかかる費用

車を購入することは、とても大きな喜びです。新しい車でなくとも、中古車でも自分が欲しかった車を購入することは、とても嬉しいことですし、つい気分が明るくなります。一方で、日本では安全に交通をしてもらうために、車検の制度が導入されており、急に車が道路で動かなくなったり、トラブルを起こしてしまわないように、このような点検を定期的に実施してもらう更新制度が入っています。そのため車の維持費というものは意外にも高いものです。費用はピンからキリまでであり、安い場合には一ケタの万単位です費用は済むものですが、高い場合には、30万円以上は当然というケースも多々あります。ただこれは、乗っている車の種類、また年期などによっても相当に異なってきます。それでは、おおよそどれくらいの費用が、更新の際にはかかるものなのでしょうか。一例としてこのようになっています。

状態によってかなり異なってきます

車の場合には、その車の状態によって、更新にかかる費用もかなり異なってきます。例えば、ほとんど使用しておらず自宅の車庫に置きっぱなしなどの場合には、乗っていないため、それほどダメージが出ないこともありますが、通勤や通学などで使っている場合には、地方により雪道などを走ることもあるため、エンジンや意外にも車の下が錆ついてしまっており、そこでダメージが大きく、費用が大きくかかることがあります。例えば、年数をかなり経過しており、ほぼ毎日使用をしているような状態の場合には、10年ほど経過した車の場合には、軽自動車であっても、費用は10万円を超えることも珍しくありません。これは、特に、サビつきなどでダメージが出ている場合には、その点を改善するために、費用がかかってしまうことが多く、かなり大きな出費となります。

新車と同然であればほとんどかからないことも

逆に、新車を購入した後のすぐの車検では、あまり費用はかからないことが多いです。その場合には、10万円ほども費用がかかるということはなく、おおよそ軽自動車で5万円前後などの場合が多いです。ただ、かなり多く使用している、通勤や通学などの他にも、旅行などでも使っているという場合には、どうしても使った分だけ、痛みなども出てしまうことがありますので、おおよその金額ですが、新車を購入した後の最初の車検では、驚くような金額は出てきません。また、新車を購入した際には、新しい車ということで、点検などもしっかりとなされてから、お店などに並んでいるため、痛みなどが少ないことから、10年くらい乗ったケースなどと比べて、圧倒的に費用は安くなります。ただ 、こまめにエンジンオイルなどを交換していないと、金額は高くなってしまうケースもあるため、こうした日々の丁寧なチェックは、意外にも車検の際に響く事があります。